身近な迷惑

軒下を調査する作業員

元々は人間の家畜として密接な関係でした

そういった歴史からも鳩が街中に存在し、人間と共存しているのは当たり前の光景なのです。しかし今では家畜として飼育される事は珍しく、野生ばかりとなった為、「鳩害」という言葉がクローズアップされているのです。鳩が生息する公園ではエサやり禁止などの看板が掲げられ、鳩害対策をしています。それでもエサやりをする人が絶えず、公園や街中にあふれた糞やエサを求める鳴き声に多くの人が悩まされているのです。そんな悩みを解消すべく様々な対策を行うものの、害は減らないのが現状です。

早めの対策で二次被害を防ぎましょう

人間が便をするように鳩も糞をします。また人間が言葉を発するように鳩も鳴き声を上げます。人間と同じ事をしているのに、それが害となってしまうのは何故なのでしょうか。鳩害で代表的なものは、糞と鳴き声でしょう。糞により街の景観が損なわれたり、アレルギー物質により健康被害をもたらす事もあります。朝から鳴いたり、羽ばたく音で恐怖を感じる人もいるそうです。ではそんな被害を出さないようにするにはどう対策を取れば良いのでしょうか。鳩の習性として、糞のある場所を選んで飛来すると言われています。それは糞のある場所には餌があるという事を認識しているからです。すなわち糞がなければ飛来してこないと言い換えられます。よって鳩が飛来してきていると感じ始めたら早期の対策を取る事が重要なのです。そうして糞をさせないように追いやる事で、新たな飛来を防ぐ事ができます。2020年東京オリンピックに向けて、街の景観が損なわれると外国諸国からのイメージも悪くなります。そういった事にならないよう、対策をしていかないといけません。


このエントリーをはてなブックマークに追加